宮沢賢治 生誕120周年

岩手県花巻にある宮沢賢治童話村にて 宮沢賢治生誕120周年を記念して 記念事業がスタート

宮沢賢治の代表作 「銀河鉄道の夜」「どんぐりと山猫」の作品世界を表現

どんぐりのオブジェの足元には半年の時間をかけてゆっくりと作品に絡み付いていく植栽を

長期展示を生かし、時間とともに変化 成長していく作品を描く

 

~銀河鉄道の夜~ 妖精の小径

◇いきなり眼の前がぱっと明るくなって、まるで億万の蛍烏賊の火を一ぺんに化石させて、空中に沈めたという具合、またダイアモンド会社で値段が安くならないためにわざと獲れないふりをして隠しておいた金剛石を誰かがいきなりひっくり返して、ばらまいたと云う風に目の前がさあっと明るくなって、ジョバンニは思わず何べんも目をこすってしまいました。

実はその光は、広い一本の帯になって、ところどころ枝を出したり、二つに岐れたりしながら、空の野原を北から南へ、しらしらと流れるのでした。あの光る砂利の上には、気が流れてゐるやうだ。

◇「さあもう支度はいいんですか。じきサザンクロスですから」

ああそのときでした。見えない天の川のずうっと川下に青や橙やもうあらゆるひかりでちりばめられた十字架がまるでいったいの木とふ風に川の中から立ってかがややきその上には青白い雲が丸い環になった後光のやうにかかってゐるのでした。汽車の中がまるでざわざわしました。みんなあの北の十字のときのやうにまっすぐに立ってお祈りを始めました。あっちにもこっちにも子供が狐に飛びついた時のようあよろこびの声や何とも云ひやうない深いつつましいためいきの音ばかりきこえました。

◇そしてだんだん十字架は窓の正面になりあの華果の丹生のやうな青白い環の雲もゆるやかにゆるやかにっているのが見えました。

「ハレルヤハレルヤ」

明るくたのしくみんなの声はひびきみんなはそのそらの遠くからつめたいそらの遠くからすきとほった何とも云へずさはやかなラッパの声をききました。そしてたくさんのシグナルや電燈のなかを汽車はだんだんゆるやかになりたうとう十字架のちょうどま向ひに行ってすっかりとまりました。

 

~どんぐりと山猫~ 芝生広場

◇そのとき、一郎は、足もとでパチパチ塩のはぜるやうな、音をきゝました。びつくりしてかがんで見ますと、草のなかに、あつちにもこつちにも、黄金きんいろの円いものが、ぴかぴかひかつてゐるのでした。よくみると、みんなそれは赤いずぼんをはいたどんぐりで、もうその数ときたら、三百でも利かないやうでした。わあわあわあわあ、みんななにかつてゐるのです。
「あ、来たな。ありのやうにやつてくる。おい、さあ、早くベルを鳴らせ。今日はそこが日当りがいゝから、そこのとこの草を刈れ。」やまねこは巻たばこを投げすてて、大いそぎで馬車別当にいひつけました。馬車別当もたいへんあわてて、腰から大きなかまをとりだして、ざつくざつくと、やまねこの前のとこの草を刈りました。そこへ四方の草のなかから、どんぐりどもが、ぎらぎらひかつて、飛び出して、わあわあわあわあ言ひました。

◇空が青くすみわたり、どんぐりはぴかぴかしてじつにきれいで した。

◇山猫は、どうも言ひやうがまづかつた、いかにも残念だといふふうに、しばらくひげをひねつたまゝ、下を向いてゐましたが、やつとあきらめて言ひました。

「それでは、文句はいままでのとほりにしませう。そこで今日のお礼ですが、あなたは黄金きんのどんぐり一升と、塩鮭しほざけのあたまと、どつちをおすきですか。」
黄金きんのどんぐりがすきです。」
山猫は、頭でなくて、まあよかつたといふやうに、口早に馬車別当に云ひました。
「どんぐりを一升早くもつてこい。一升にたりなかつたら、めつきのどんぐりもまぜてこい。はやく。」

DATE :
2016/04/29
Direction :
Mirrorbowler
Term :
2016年 4/29(Fri)~10/23(Sun)  
Location :
宮沢賢治童話村(岩手)
Photo :
高木博史
URL :
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/kanko/704/p006864.html
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
  •   宮沢賢治 生誕120周年|NENOUWASA/ねのうわさ
WORKS 一覧を開く メニューを開く TOPページに戻る