“ねのうわさ”のウェブサイトがリニューアルしました。2013/03/03

img01

設立二周年にホームページがリニューアルしました。

まだ完成していないコンテンツもありますが、順次更新を進めていきます。
それと、今までカタカナで「ネノウワサ」として活動させてもらっていましたが、これを機にひらがなで「ねのうわさ」とさせて頂くことにしました。
理由は、ひらがなが素晴らしいから。
というのと、これは僕の覚悟のしるしです。

 

本HPを制作してくれた中島康晴

彼といろいろと話をしながら進めてきました。
最初はデザインとして、彼が提案してくれたのが偶然「ひらがな」でした。

単純にいいから。

それが完全に僕の中でもはまり、これをつめていくべく、色々な話をしていると、いつの間にか、僕の覚悟の話になっていき、これを機にすべてにおいて再出発することの決意として「ねのうわさ」とすることにしました。

 

コンセプトはもちろん変わらず「人の心に根を張ること」が目的の会社。
それは「記憶に残る」ということ。
記憶に残るというのは、その人の中で生きるとも言える。
僕の中にもたくさんの人・モノが生きています。
それで僕がつくられている。

その対象が花だったら、その花はその人の中で生き続けると思うんです。
僕はいつも花を殺している。
命を短くしてますから確実に。
でも、その先で花が記憶に残っていたら、それは僕が活動する意味があると信じています。
花に顔向けできると思っています。
だからみんなの記憶の中に植物の根が張るように。
忘れらない一瞬がつくれるように、これから努力していきます。

そんな想いを胸に、これからも活動していきます。
それが「ねのうわさ」です。

 

 

さて、改めて“ねのうわさ”の顔とも言うべきHPを制作してくれた中島康晴氏について紹介したい。

 

2012年8月に「中島康晴制作事務所」として、独立を果たし、ブックデザイン・イラストレーション、ウェブシステムの構築と幅広い分野で活躍しています。
細かなところまで、丁寧につくりあげる姿勢が評価され、ほぼ0からのスタートだったにも関わらずたくさんのファンを抱えています。
画家志望でもある彼は、デザイン全般において「絵」としての観点を重要視し、そこに機能性や利便性を追及していく。

「ものつくりのハート」をお求めの方は是非、気軽に相談してみてください。
依頼者が愛情を捧げる作品を一緒に作ってくれます。

中島康晴制作事務所HP : http://y-nakajima.jp/

フェイスブックページ : http://www.facebook.com/YNcreative

 

また、こちらの手違いで過去のブログが消えてしまいました。
過去のページを見てくださっていた方、大変申し訳ありませんでした。
これからもきちんとした形で残していけたらと思っていますので、これからを楽しみにしていてください。

よろしくお願いします。

ねのうわさ 代表
櫻田博嵩

 

« »

Archive

Calendar

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031